公開講座 先端サマーセミナー2013 システム情報科学の未来を拓く ― I&Eの更なる融合を目指して ― 【8/20(火)開催】
2013/06/27 坂田 充

2013年度九州大学大学院システム情報科学府・研究院
先端サマーセミナー
システム情報科学の未来を拓く  ― I&Eの更なる融合を目指して ―  (2013年度・第5回研究活動交流会)


==============================
日時:2013年8月20日(火) 9:20〜16:20
会場:九州大学伊都キャンパス ウエスト2号館3階 大講義室(313号室)
          (福岡市西区元岡744番地)
        伊都キャンパスの地図は http://www.kyushu-u.ac.jp/access/map/ito/ito.html

対象:九州大学の大学院及び学部在学生及び一般 100名
講演受講:無料
==============================


プログラム


■午前の部

9:20〜9:30 開会挨拶
荒木 啓二郎 教授 (I&Eビジョナリー特別部門 部門長)

9:30〜10:40 ユビキタスセンシングネットワークを指向したオンデマンド印刷手法によるレーザー構築
興 雄司 教授 (I&Eビジョナリー特別部門 専任教員)

10:50〜12:00 オートノーマス無線センサネットワークのための集積回路技術と将来の動向
ポカレル ラメシュ 教授 (I&Eビジョナリー特別部門 専任教員)


■昼休み 12:00〜13:00


■午後の部

13:00〜14:00 サステイナブルなI&Eシステム開発のためのソフトウェア工学
日下部 茂 准教授 (協力教員)

14:10〜15:10 グリーン時代を切り拓く革新的エレクトロニクス材料の創製
                    〜極低消費電力トランジスタおよび次世代型太陽電池の実現に向けて〜
板垣 奈穂 准教授 (院内 サバティカル教員)

15:20〜16:20 空間知能化とロボットテクノロジー
倉爪 亮 教授 (情報知能工学部門)

注:講演スケジュールについては変更になる場合があります。

【受講上の注意】
  • このセミナーは九州大学の大学院修士、博士後期課程及び学部在学生及び一般の方が受講できます。
  • 講義のレベルは大学院生を対象としていますが、専門外の学生にも理解できるよう配慮いたします。
  • 個別の講義を選んで受講できます。ただし、あらかじめ申込書により受講登録が必要です。
    なお、受講しても単位にはなりません。ただし、システム情報科学府博士後期課程の学生は、全てを受講すればシステム情報科学特別講究の単位を認定します。
  • 申し込みが定員を超えた場合には、申し込み順により受付を終了します。
    申し込み後こちらから応答がなかった場合は、受理されたものとして、当日会場においでください。


【申し込み・お問い合わせ先】
先端サマーセミナー受講申込書で申し込み下さい。ファックスでの申し込みも受け付けます。
申込締切:8月9日(金)

申し込み・お問い合わせ先:
システム情報科学研究院情報学部門事務室
(九州大学 伊都キャンパス ウエスト2号館3階307号室)
E-mail:seminar@jimu.isee.kyushu-u.ac.jp
TEL:092-802-3801 FAX:092-802-3600




■■■先端サマーセミナー受講申込書■■■
◎ 下記の先生のセミナー受講を申し込みます(先生にチェックして下さい)
(複数選択可)
[     ] 興 雄司 教授
[     ] ポカレル ラメシュ 教授
[     ] 日下部 茂 准教授
[     ] 板垣 奈穂 准教授
[     ] 倉爪 亮 教授

◎ 氏名及び連絡先
氏名
[                                             ]
電話
[                                   ]
電子メール
[                                                                  ]

◎ 所属する課程及び学年(学生のみ記入)
課程: [     ] 博士後期課程   [     ] 修士課程   [     ] 学士課程
学年: [     ] 年生
所属
[                                                                               ]
(記入例:九州大学大学院システム情報科学府 ○○専攻)


先端サマーセミナーパンフレット(PDFファイル)      
Edit